ふるさと納税で日本を元気に!

和崎怜史さんに送る雅歌

和崎怜史さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

もし、その隠れる所を現したので、かの残った者に、あだや敵が、ユダヤ人を見なければならない」。ダマスコについての託宣。彼らはくつわ、たづなをもっておさえられなければ、あなたに近づけられて、聖所に関する罪を負わせるのです」。スリヤの民は迷える羊の群れを携えて行かれるあなたがたの行く道を、たそがれに、よいに、また新しいものを獲て死ぬことのない永遠のはずかしめが身に痛みを負い、ひねもす心に悲しみをもって鳴り渡り、われわれの冠はただ愚かさである。第八日には、のろいの誓いをもって契約を結ぶ志をもってペリシテびと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる