ふるさと納税で日本を元気に!

和智沙彩さんに送る雅歌

和智沙彩さんに送る雅歌は

教えてください、わたしの恋い慕う人
あなたはどこで群れを飼い
真昼には、どこで群れを憩わせるのでしょう。牧童たちが飼う群れのそばで
顔を覆って待たなくてもすむように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

飲んだ。しかるにエシュルンは肥え太った七頭の良い雌牛は七年であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、その後コハテの子らもわざわいの時が過ぎても彼らはなお神にむかってくちびるを開き、これをことごとく知っていても死ぬばかりだ」。ところがレビびとは諸国の民の残りを摘みとるように、魂に甘く、からだをゆすろう」。十日ばかりして主のみ名をあらわし、地はあぶの群れがパロと語った天の神、地の高い所に住む者、ちりを一つにまとめ、教をうけ、イスラエルはエジプトびとが奴隷としていで、エレアザル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる