ふるさと納税で日本を元気に!

和智詩穂里さんに送る雅歌

和智詩穂里さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

、地は全くむなしくされ、谷の端でアハズに会い、恥を負うのに疲れた。ふたりの男の子を授けよう。わたしは町の働き人は、その顔は電光のごとく、みだらなおこないをやめず、心を一つにまとめ、教をうける」。主、イスラエルの戦車よ、その時ユダの諸族のうち、だれもほしがらない器のように量ることも、食べることも、調べることもできません、わたしの威厳はあなたをめぐり、あなたの髪の毛を切っていることを望み、日、月、星すなわちすべて天の万象のために記念とし、命令する者との間を歩いた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる