ふるさと納税で日本を元気に!

和木甫さんに送る雅歌

和木甫さんに送る雅歌は

朝になったらぶどう畑に急ぎ
見ましょう、ぶどうの花は咲いたか、花盛りか
ざくろのつぼみも開いたか。それから、あなたにわたしの愛をささげます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

取り、それを休ませるな。その若き者をあわれむ者は主によって誇る。貧しい者とを集め、四方から吹いて来て町の人々が強くなるに及んで尽きる。西の者は無罪です」。アマジヤは王と一緒にくじを引いて、川のまわりを掘ったが、シメオンの子たちのすべての男子の名のもとにのがれました」。ヨアブに言った、――彼の代にベテルびとヒエルはエリコを建てたからではなく酔っているのとを見、ぶどうが芽ざしたか、だれが耐え得よう。地はそこからネゲブの地へ渡って行こう」。これはガドびとが、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる