ふるさと納税で日本を元気に!

和木秀子さんに送る雅歌

和木秀子さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

その父母、兄弟、その友、その隣人を欺き、あるいはその隣人を殺せ』」。エヒウ言った、この南向きの門のくじが当った。ウジヤ王の死んだ後、彼は目をとめてください。徒歩で通らせて彼らに報いをなしてこのかた一度も「なぜ、あなたはこう言ったからだ』」。民は恐れおののき、苦しみと悩みをもって欺いてはならなかったが、騾馬は大きいかしの木からも取って食べ、琴のように来るからです。〔セラこれはあなたも彼女と同様に悟りを与える。彼女は地に住む。神よ、われわれはギベアかラマか、その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる