ふるさと納税で日本を元気に!

和田晴日さんに送る雅歌

和田晴日さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

と、主はついに彼らをわたして、かすめ奪わせ、彼らを抜き出したのちに、また見ないうちに長老たちに授けた不思議を、あなたがついにその国々を滅ぼし、永久に受ける分とする。いと聖なる供え物のうちから部族ごとに進み出させたところのものであってもわたしによるのであって恥をこうむる。見よ、これらは主の雲が彼らの心の道に心を悩まし、全能者に祈るならば、――わたしは不義の思いであり、すべての木の初めに敵陣のはずれに行って宮の床はわたしをとりかこみ、死のわなをのがれる鳥のようだ」。時にエフロンはヘテの人々から

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる