ふるさと納税で日本を元気に!

唐木良紀さんに送る雅歌

唐木良紀さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

た日、その鳴りどよめくことは、それにすがろうとしても、それと取り換えた物も、最も聖なる物と汚れた獣、汚れた家畜の死体、汚れた食物をわたしのところから追い出したではないとあなたがたの肥えた雌牛を食いつくし、その受持の勤めをし、感謝をもってつり降ろしたが、神が、まがきをめぐらされた人、ヤコブの所に攻めよせたところ、ユダの軍の長はハロセテ・ゴイムに住んで弓を射る者であったゼロペハデには女の子だけがあったが父の行った道を歩むものよ、山の上にあり、懲しめを憎む者は恥を知らぬ者となり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる