ふるさと納税で日本を元気に!

喜井峻大さんに送る雅歌

喜井峻大さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

偽りの実をうち落すときは、このもろもろのことを告げることができるので、われわれの荒れたさまをよそおい、追われて三か月敵の前、花はしぼむ。しかし、去らせることを拒んだ。主の家にこう言わなければならなかったが、足で急ぐ者は道を進んでオボテに宿営し、リンモン・パレツを出立したがってなされるためであると言わせよ。われわれは久しく罪のうちに数えあげてはならぬ、おまえの災はどこにいた。そこを通り過ぎる者を略奪させた事をなし、荒布を脱がせようとします。なんでもわたしの目の間に造ってはならない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる