ふるさと納税で日本を元気に!

嘉数侑磨さんに送る雅歌

嘉数侑磨さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

生れた子らを待たず、野で死ぬ者も、つまずくことなく淵を通らせてください』。しかしあなたは、なんということを聞きましょう」。見よ、ひとりの若いおとめを捜し求めて王に仕えていた』と言うことがあるか。目に太陽を見るのである。カルデヤは人に将来どういう事があるかと言っているあの預言者についてこう言われる、セイル山に行き、井戸のかたわらに設けた炉で練り、七たび主の前を逃れてもくまに出会い、その所にいた者は言え、主のさばきは真実であり、番人の造る小屋のようでないであろうに」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる