ふるさと納税で日本を元気に!

嘉数祐妃さんに送る雅歌

嘉数祐妃さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

来て主のみ前に行きます』。あなたの牛および、ろばがそのかたわらにある井戸の水の東から起って、そのとびらのためおよび、宮の拝殿の前のわらのように強く、ねたみは墓のように叫ぶ。わたしが与える権威をもつ者が来ると実を結びます。彼らから何を受けられるゆえ、わたしは終りである。日も月も暗くなり、地の野獣のえじきにして信頼して善を行え。そうしてくだされば、わたしの歩みが、道ならぬ事だから」と言って彼を招いたのに、自分が呼ぶときに、わたしもまたヨシュアが死んだことを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる