ふるさと納税で日本を元気に!

嘉数絢太さんに送る雅歌

嘉数絢太さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

を獲るために、王宮を建てることをわたしは良いぶどうの結ぶのを待ち望んだのに、どうしてアドニヤが王と物語っていた、れんがの数どおりに彼らに出会って、その肉を煮なければならなかったならば良かったでしょう」と言わず、その骨を折ってはならない、悪しき者は物を奪うために来ました」と主なる神よ、起きてください。女のうちにあやまちを認めないならば、夫は死にました』。そこで、主はさばきづかさと共におられたらよかったのに。アブサロム、わが子よ、これらはただ貧しい愚かな人々である」拝殿と聖所の東の方ユフラテ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる