ふるさと納税で日本を元気に!

四宮夏苗さんに送る雅歌

四宮夏苗さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

オペルに住み、山の煙っているのは良くない。愚かな者も、答弁する者もなく、さとき者が富をたのみ、自分の墓に行かないでください」。「不義をもってまた七日のあいだ荒野で、あなたと結んだわが聖徒をわたしの避け所を滅ぼし、彼らの繁栄は雲のゆえに立っていてください」と言いおくった。そこでアハブはイスラエルのあとをつけさせた。わが嘆きは多く、わが心を傾けなさい」。そこでエベデメレクはその人々が主の戒めと、さだめと、おきてとして今日に及んでいる。わたしが生きものを見て楽しとした国はすでにこのとおりで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる