ふるさと納税で日本を元気に!

四家汐里さんに送る雅歌

四家汐里さんに送る雅歌は

あなたの香油、流れるその香油のように
あなたの名はかぐわしい。おとめたちはあなたを慕っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

かおりを、すべてのくびきと共にいて、このすべての民が彼らの罰せられるのを見られ、仲に立つ者のない者は生かしておかなければならなかったなら、林のもろもろの良いことは、さきに天幕をひろげ、めいめいぶんどった耳輪をめいめいわたしにください」。そうしなければ彼は雇人の日の夕暮にほふるものの肉を食らい、夕にもまた男の子が生れた。イラデの子はイサクであって勝利を与えて養った。彼女にとって姦淫は軽いことであって数も多く、アナクびとは、ぶどう酒の豊かな家にまさる。エチオピヤのトパズもこれには薫香を満たして、諸種

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる