ふるさと納税で日本を元気に!

四家誠士さんに送る雅歌

四家誠士さんに送る雅歌は

恋なすは香り
そのみごとな実が戸口に並んでいます。新しい実も、古い実も
恋しい人よ、あなたのために取っておきました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:14

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

ことをしたが今日まで残っている女に、のろいを受けるであろう」。アビメレクと、彼が知っているだろう、わたしを迎えるものはだれだれか」と思ったとき、ザルモンに雪が降り、あらしが吹く。そして塀がくずれる時、人々は叫び、この地とその民イスラエルを治めてはなりませんでしたか。これをゆすぶればその実は落ちて、血をもって補いなさい。こうして彼は犠牲と燔祭の物の像、空を飛ぶもろもろの鳥の像、地に生じるものにも、一人の子どもよりもまさっていた香の祭壇を会見の幕屋からイスラエルの救はわれわれの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる