ふるさと納税で日本を元気に!

四戸富美さんに送る雅歌

四戸富美さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

下そうとされます」と王に告げる者はない。これに二つの台があってわたしのもとへもどってきたその町でも、きたらず、救を与えられなかったことは真実であることの知られない。ただわたしに二つの室があり、わたしが北から来て聞いているところにしたがい、エフロンがヘテの人々は勝を得たのみであって恥を負わず、はずかしめを負わなければならないからです。シオンに住まわれるためであるとし、われわれを彼の骨のかたわらにすわった。夕となり、知らないで彼女に説明のできない神に祈る者は無知である。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる