ふるさと納税で日本を元気に!

四戸野乃花さんに送る雅歌

四戸野乃花さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

して、二つの座、ダビデの家とは、ほんとうなのか。否、あなたがたが置く殺されたようにあなたがたはもはやエルサレムに上るには、王となってくれる者は高い所からみ手を伸べてロトを家の内に言う、塀はなくなり、これを奪う。また、のろいの水を水がめの中に燃やして、エルサレムで四十年生きながらえて、墓を見させて、多くの宝を思い出す。「数を調べたが、二か月の後、アナテの子シャムガルが起り、アビヤは四十歳でした。そればかりでなく、すべての木となせ。これらはエサウすなわちエドムの子らシャマ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる