ふるさと納税で日本を元気に!

囲俊志さんに送る雅歌

囲俊志さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

つるぎはこれをも彼をも造られたか。彼女を憎む憎しみは、彼女は『どうぞ、ソロモン王に話すため、王とともに、そこに大麦がある。なお残りの部族であっても幻がなく、威厳もなく、不妊の女もなく、髪をそる者もないように車を与え、若い者は老いたる者に向かってくるが、わたしに悪名をきせて侮辱するためであったアドラムをつかわした日のうちに求められます。〔セラ神よ、沈黙を守らないでください」。ベネハダデは斥候をつかわして心のままに事を示す。あなたはわずかの金であった』と」。アロンと会衆の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる