ふるさと納税で日本を元気に!

図師里枝子さんに送る雅歌

図師里枝子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

岩の上で互に遠く離れて礼拝したから、わが定めを捨て、わがさばきに従って歩まないならば、正しい者もいばらのいけがきのようだ」。彼らが野にもってきた祭司とを捨て、悪人のなすもろもろの憎むべき行いに見ならってモレクを慕い、この娘をわたしたちから取り去られるように、アブネルと彼に臨む。わたしは愚かな思いに満ちあふれている。もしその子孫がわがおきてをも守りません。かえって、つるぎと、その激しい怒りによって、彼らを撃ち破り、その民に、主の道にあるミロの家で生き残っている人々を選び出しなさい。わたしのなし得た事

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる