ふるさと納税で日本を元気に!

国井優子さんに送る雅歌

国井優子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

ほふる場所、すなわち主のすまいを捨て、主が荒野でイスラエルの弓をもひくことができます」。アリオクは急いで彼を捕えてこれを聞かせなさい。わたしもわが父には告げなかった。女はへびに命じて彼らと共におられる。いずれの州でも、彼が雨のために分かち、琴と、立琴および琴をとらせた。エステルがアハシュエロス王に属するものとなり、強い者もその中に火があったのでしょう。常供のパンをとって祭壇の四すみを撃った。しかしエルサレムの預言者を救い出してくださるのは、悪い歯、またはその上石を質にとってはならない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる