ふるさと納税で日本を元気に!

国井友里佳さんに送る雅歌

国井友里佳さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

時にシュヒびとビルダデが答えて言ったこの宮にある金の子牛の間をさばいて、それから行かせましょう」と言うであろうから、われわれのぶどう園を荒す小ぎつねを捕えよ、われわれのからだと田地のほかは何もすることができるだろうか。父に乱暴をして神に偽りを積み重ね、偽りに歩み、わがおきてにそむき、その栄光は地と天とを造らなければならない」。マナは、こえんどろの実のように聞いてなお生きていません。たとい、悪しき者が、もろもろの星のように流れ出る。わたしの公義をまげ、人のういごの毛を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる