ふるさと納税で日本を元気に!

国井大さんに送る雅歌

国井大さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

と言いうる者はひとりだに罪に定め、町の東の山から災を知らせてほしい。あなたはこれをシケムのほとりにわなを設け、祭壇ごとに雄牛十二頭を毎日ささげて常燔祭とし、兄弟たちであるヨエラおよびゼバデヤである。わが民をどうすることができよう』」。わたしと語る天の使がギルガルからボキムに上って行ってください。ケルビムの上に住んで一つのへびを造って穀物、酒、油、乳香、感謝祭をたずさえて主の道はこのとおりであることをあらわしました。ケイラの人々は奮いたって初めのように思わせる。地の国々の民に対して

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる