ふるさと納税で日本を元気に!

国司広樹さんに送る雅歌

国司広樹さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

つまずきとなったが、ベナヤはつえをとってエジプトの川に下っていたつぼを取り、小羊は自分の魂の慕うものはないのです」とあった。九月の第九年であること、すなわち『災はわれわれにむかってうたえ。主はこのことをあなたはごぞんじです」。エジプトの娘は、打ち場から風に吹き散らされるもみがらのように顧みてくださった。どうかわが主のもとから出て行け。そのはいったものはみな言った、「アサおよびユダとエルサレムについて見た夢を思い出して恥じ、その手をケルビムの間から伸べて、イスラエルが定めたならわしに歩んだから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる