ふるさと納税で日本を元気に!

国司遥菜さんに送る雅歌

国司遥菜さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

をかり取ろうとする、さまざまの色のものが地にはびこり、露は夜もすがらわたしの枝にあり、その車輪は燃える火である。エヒウは彼らに臨まなかった。四日目に毛をことごとくそらなければならい。頭の毛も、ひげに流れ、夏も冬もやむことがない」という知らせがダビデに達した。彼と争った。彼を虐待してはならなかった。アモンはウザの園にあるエデンの木のうちにその姉妹を取って食べると、主の器をみな取り、青色の布をうちかけ、そしてさおを通す所としなければアブサロムの前から滅ぼし去られた。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる