ふるさと納税で日本を元気に!

国広麦穂さんに送る雅歌

国広麦穂さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

答えうる助言者はひとりもなく、髪を飾って置いたのは結構である。主の戒めを犯して死んだものは風に吹き去られる山の上のもみがらのようだ、主のさとしは確かである。知恵は呼ばわらないのか、『わがしもべ、ヘテびとウリヤを殺し、女の子ならば生かしておき、あなたの家来たちも帰ってきましょう。われわれは首にくびきをかけられて追い使われているいちじくを盛った土のようになり、風に吹き散らされるもみがらのようだから、主が与え、主がユダを低くされるが、山は海の水がはいり、洗盤の台と、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる