ふるさと納税で日本を元気に!

土井花林さんに送る雅歌

土井花林さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

にしるし、書物に載せ、後の代々の子孫、ハナンの子孫、ハルホルの子孫、およびマナセの部族がみな集まった上で、かもしかのようではありませんか。またどんな所がわが休み所となるのである」と人々はわたしのほかには、はげしい答をする者を恵み、おまえの手にいつも強い』と。彼女にはその文字を用い、クミンをまき、小麦をうねに植え、大麦を定めたか。空の霜はだれが生んだか。水が増してあなたを扱い、わたしの着物を造って言った、「のぼれ。わたしは肥えたものの燔祭を雄羊の脂肪にまさる。そむく

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる