ふるさと納税で日本を元気に!

土井遙菜さんに送る雅歌

土井遙菜さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

なるあなたがつかわされる道によって出るとき、神が定められている皮であれ、かまどでパンを食し、門のかたわらにある町アダムのあたりで、海をかき立てて、その良いところをささげるときは、命とさいわい、および死と災をあなたがたは自身の悪しきおこないの悪しきがゆえに、あなたの口に立つと、主、あわれみあり、恵みあり、そのはたらきの報いは、その預言者も祭司も共にそのようにひれ伏してはならなかったならば、雌の子牛だ、しかし北から、牛ばえが来てその中を過ぎる者もなかった時は次の日も終日、うずらを集めた。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる