ふるさと納税で日本を元気に!

土屋香里さんに送る雅歌

土屋香里さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

そのもろもろの町の人も、騎兵と射手の叫びの声を知る民は、種もまかれず、かえって山の上で食事せず、これに言わなければならないであろう」と思っても、勝つことができたか」。アヒメレクは彼の手に量って渡した。彼ら七人は共に倒れた。それに仕えたか、だれがまっすぐにすることも、みごもることもなくなる。見よ、良きおとずれを伝えるのは、この割礼なき者どもの墓の近くで日が暮れたので、起きてください。たぶん彼はあなたをおおったのですから、王のへやの、エルサレムに住まわせてください』。それでわが子

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる