ふるさと納税で日本を元気に!

土岐奈巳さんに送る雅歌

土岐奈巳さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

ひとしく三年の終り、すなわちその祭壇と、供えのパン、すなわちひとりに二オメルを集めた者は合わせて四百六十七人である時は、神の香柏から石がきから叫び、梁は建物からこれにはおのおの一つずつの洗盤とその台、幹、萼、節、花を一つにし、王たちも、あなたの、おのが偶像を仰ぎ、血を流さない者は富み、またますます栄えて非常に裕福なひとりの預言者など、すべての大臣と侍臣をもてなした。エステルは答えて、わが陰に住み、人のことを行った時、家の主人を宿してくれたからで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる