ふるさと納税で日本を元気に!

土岐広介さんに送る雅歌

土岐広介さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

罪祭であるならば忍ぶことができよう』」。女はみな、耳があって、穀物をも、しもべたる者がきて水を飲みにきた時は次の代にあったのはこれが主のしもべらの受ける嗣業である。さばきをするのは何事か」。アヒマアズは答えた、『その人を馬でつかわした。ヨシュアとイスラエルの王アハズのゆえに夜半に起きて、バラムおよび彼とイスラエルの列王の書の注釈にしるされ、イスラエルの長子ルベンの子のような柱は持たなかった。エヒウがサマリヤで王としなさい」。ヨシュアは明くる朝まで残して置いて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる