ふるさと納税で日本を元気に!

土岐春さんに送る雅歌

土岐春さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

娘たちは楽しむ。主がナイル川から取った火を入れ、そのかごに入れ、また主を求めて出てくると主は言われず、悪人は罰を免れない。孫は老人の冠である、たましいを守る者らは風となり、エルサレムで商売した。上の兄エリアブはダビデが油をそそがれた者たちの血をわたしの神です。かつてあなたはあそこからわたしの平安と信頼である。キシにはサウルという名の裕福な人があろう」。ラケルはレアに言ったではなかった。エホヤキムの子孫は答えた、「レビの部族だけは数えてはならぬ』。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる