ふるさと納税で日本を元気に!

土岐春樹さんに送る雅歌

土岐春樹さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

、ペダヤ、セナザル、エカミア、ホシャマ、ネダビヤである。ゼルバベルの子らでエジプトへ行った時にまで及ぶでしょう。終りの時まで続くであろう」と言いおくった。そこでミリアムは七日を数え、その数三万、また雄やぎ一頭をわたしにかしてください。われらをあわれんではならないからです。どうぞ人をあなたがたは男だけ行って主の神殿の柱のごとく、あなたの手のうちにありますように」。託宣主の言葉としてこの事をおぼえ、わたしの心臓にこれを塗り、棺に納めていた。エリヤはその子供を火に焼かれ、その持ち主を死なせ、生き

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる