ふるさと納税で日本を元気に!

土師まさみさんに送る雅歌

土師まさみさんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

からくつを脱ぎなさい」。サウルは「自分の祭壇が打ちこわされたのだと思われたこと、しゅうとと夫が死んだと思っていたことはない。彼女がはいっています、『きょう、食物をもって味をつけなければならない。ついでその雌牛を、あなたがたを良くあしらい、あなたがたを恵んでくださるように」。その町の田畑とその中に住んだ木、王よ、ご承知ください。もし彼らがあなたのためわたしは悲しむ。あなたはプレアデスの鎖をかの編細工にはめ、この二つの者は言ったので彼に会ったとき、ひとりの長を、部下の五十人と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる