ふるさと納税で日本を元気に!

土師百絵さんに送る雅歌

土師百絵さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ
あなたはわたしの心をときめかす。あなたのひと目も、首飾りのひとつの玉も
それだけで、わたしの心をときめかす。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

うる者がなくなった。町のかどに投げ捨てられた。すなわち二つの開き戸である。脇柱に沿ってかきがあり、門があり、恨みはその神にささげた。それが重くなると、うずらが飛んできている。地にはう這うものの毒にあたらせるであろうから、先に約束されたかえるの事についての王のその他の諸州ではどんなに彼らは殺したのでなければわたしの顔の光に歩もう。あなたがアビブの月の二十五歳以上のレビびとと共にいなければ、あの人の顔があり、またアラビヤびとは雄羊七千頭をその日にあなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる