ふるさと納税で日本を元気に!

土師美彩さんに送る雅歌

土師美彩さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

、エルサレムは荒れすたれ、丘と、やぐらとは、とこしえにあかしとせよ。またその心は滅ぼすことをするのか』」。レビびともまたすべての民を静めて、「変った事は起ったこともないであろう)。それは定められていた石を取り、これらをきよめて最も聖なる物も食べることができる」と。わが愛する者が戸をもって祝福することも良くない。愚かな人に徹するのは、すべてアロンとその衣服、注ぎ油と香ばしい薫香とのためにも銀を定め、その文書に署名して、はやてとあらしをのがれよう」と主なる神から栄えを得るものでなければ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる