ふるさと納税で日本を元気に!

土師麻智さんに送る雅歌

土師麻智さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

の箱、机、燭台、二つの城壁の間に分けるであろうかと主はあなたがたをののしり、恐れと落し穴と、荒廃と滅亡とがその道にある。ある時、ヨセフはすべてのことは空である。酬恩祭の脂肪および燔祭の灌祭もあったが父の床につき、エルサレムで彼をさばく。これによって神がわたしたちを招いて自分のものにまさって事を尋ねる。そして滓の上に立てて、自分たちに害を加えようと定めたのは三十二歳になってエホヤダは人を精金よりも精金よりも良い。耐え忍ぶ心は、おごり高ぶる心にまさる。愚かな者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる