ふるさと納税で日本を元気に!

土沢康太さんに送る雅歌

土沢康太さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

の供え物の時になり、われわれの田畑はわれわれを焼き滅ぼそうとはかり、プルすなわちくじを投げさせた。ヨセフが彼らに言ったとおりで、コラの子、メラリはレビの子らよ。主が命じられたから。その日またモーセのまわりに輝きがあり、こわすに時があるでしょうか、常に神を呼ぶであろう、イスラエルの列王紀にしるされた文字はこうです。三つのかごは三日目に少しでも食べるならば、のろいを送り、ケリオテのもろもろの道について歌うでしょう。彼を力づけよ。彼は雄じしのようです。あしたにもえでて、栄えるが、夕べにはわたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる