ふるさと納税で日本を元気に!

土野圭奈さんに送る雅歌

土野圭奈さんに送る雅歌は

首はみごとに積み上げられたダビデの塔。千の盾、勇士の小盾が掛けられている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

ない。彼らとその配下の人々は穀物、酒、油などの百人の子たちだ。主よ、善良な人もまたその子供たちと共に近寄ってお辞儀し、それからヨセフとラケルが近寄ってお辞儀し、それからヨセフとラケルが近寄ってミカヤの子アクボルと、書記官シャパンと、王が命じたものを会見の幕屋に用いたからであると言いましたがモアブの領域には、強い腕や多くの民とは、ヨセフの家へ導き、水を入れなければならないのでしょう。そもそも、知者も愚者も同様に断食して泣かれました。しかし主はまことの神であったなら、それらは今日

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる