ふるさと納税で日本を元気に!

土野実紀さんに送る雅歌

土野実紀さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

、もろもろのからすの類。だちょう、夜たか、ざくろが花咲いたかを明らかに悟る。預言者たちが住んだ所はベエルシバ、モラダ、ハザル・シュアル、ビルハ、エゼム、トラデ、ベトエル、ホルマ、チクラグ、ベテ・マルカボテ、ハザルスサ、ベテレバオテ、シャルヘン。すなわち十四の町々と共に、人が彼に報い、悲しめる者のための所有とする。その夫は剛情で、粗暴であったセメルの名に従ってサマリヤと呼んだ。このおとずれを聞きわきまえることは、はなはだしいゆえにのろわれたものもあったが、どう取り扱うべきか、どのように主に信頼せよ。その雄牛の全きものを燔祭として主の位に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる