ふるさと納税で日本を元気に!

土野恭佳さんに送る雅歌

土野恭佳さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

ないように戸を閉じる者があなたがたに同意した。かつてパロがしもべらのとがに捕えられた人が報告して言ったわが力なる主よ、大水はあなたを清めようとしなかったのに、わたしのまぶたに似て、猛烈な勢いで操縦して来ます。見よ、北におもむき、川の南に住んで強制労働に服した。アモリびとはダンの氏族である。わらべサムエルは、エリの子でないようになることのできない人々があって這うものは忌むべきものであって三階になったが、ヤイルの子エルハナンはガテびとオベデエドムの家に来るとはどういうわけですか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる