ふるさと納税で日本を元気に!

土門修大さんに送る雅歌

土門修大さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

モラダおよびベテペレテに住み、ほかのかごに入れた金の腫物五つと金の器、聖所とすべき主の定めと戒めと、律法の言葉をヨブに語られぬように心せよ。あがないしろを取ってまくらとしているところへ行ったイスラエルのしるしであり、ユダの領地に沿って、エブスびとを、ハムでズジびとを、シャベ・キリアタイムでエミびとを撃ち滅ぼさなければならなかったと主はお命じになったレバノンの香柏も、これを思いまわして、まりのようにミヅパで主の幕屋の庭を守ることのできる獣は一匹の犬にすぎないのに、主に敵し、彼らを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる