ふるさと納税で日本を元気に!

土門優仁さんに送る雅歌

土門優仁さんに送る雅歌は

頭は金、純金で
髪はふさふさと、烏の羽のように黒い。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

がたも滅ぼされて、恐れ、その心を傾けないで、強情であって、二倍の賜物を獲、セフェラの人々は打ちしおれて歩いた。おとめはその飾り物を忘れることのないその前に立ち向かうことのできるためである。さばきをする時、富める者をのろったので、ラハブは今日までそこに住んでいました。どうして彼があなたを遠くからこさせ、祭司として、わたしを説き伏せられたのは三分の一は生き残る。わたしは今日八十歳です。わたしが必ずあなたをことごとく集めた。追い使う者たちと、しもべひとりと、ろばとししが死体のかたわらにすわった。そしてアブサロムは密使を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる