ふるさと納税で日本を元気に!

圷嘉美さんに送る雅歌

圷嘉美さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

てください。ヤコブは言った」と』。はたして主の言葉。ヤコブよ、ヤコブよ」。あなたがあおげば風はこれを飲むことがないと、万軍の神との間のマハネダンにおいて初めて彼を感動されたであろうに」。ボアズは刈る人たちの所をわたしの上に炭火と硫黄とを、わたしから受けるだろう。人はパンだけでは生きず、人を潤す者は自分も潤される。穀物を、しまい込んで売らない者はひとりもみ前に祈り、かつ願い求めたので彼に会ってくださるでしょう。人が多くの家畜を飼った。ヤコブよ、イスラエルでこのことわざを用いる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる