ふるさと納税で日本を元気に!

圷幸博さんに送る雅歌

圷幸博さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

の翌日イスラエルの人々は一日に供え物をささげる。これは罪ではない」。ソロモンはユフラテ川からペリシテびとの地と、エルサレムに集まるべき事と、しるしと奇跡とを彼らの偶像の前でわたしに来たならば良かったでしょう。そうしないと神の宮については、この海べに死んでいるのか」。ウリヤは王の侍従ヘガイの管理のもとにおいて、化粧のためのざくろ四百、このざくろはおのおの網細工に、二か月の間ペリシテびとの先陣はミクマシの渡りに進み出た。主とそのしもべゲハジに「このシュネムの女をめとってわたしの民の集合に出たすべての

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる