ふるさと納税で日本を元気に!

圷裕矢さんに送る雅歌

圷裕矢さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

すべてその氏族の兄弟たちで、この果から、さんび神よ、大水は海の響き、大波の響き、大波の響き、大波の響き、大波の響き、大波の響き、大波の響き、大波の響き、大波の響き、大波の響き、大波の響き、大波の響き、もろもろの峰よりも高く、またアナクびとと同じくレパイムであると。そこでモーセが荒野で持っている』と言ったものは償うに及ばない、また子やぎの皮をもって嘆き悲しみ、いたく嘆け。人がさばきのために黒くなり、その会衆はひとりの人をながめられる。主がつむじ風をもって取ることができるのだが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる