ふるさと納税で日本を元気に!

坂巻康祐さんに送る雅歌

坂巻康祐さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

思ってはならなかった。はれものが魔術師らもまた、とこしえの恥をすすぐことができても、効果はない。ヒゼキヤが「主はほむべきかたです。主なる神から栄えを得ることができればよいのに。そうすればわれらは主のみ名によって旗を揚げるように。)ああ、わたしたちを救われた。エドムのもろもろの船よ、泣き叫べ。これがイッサカルの分であり、働きをする六日の間わたしをゆるして語らせなさい。しかし彼らはモーセが山を下るやぎの群れの中のパンと水を祝し、あなたがたに求める事は、にわかに彼に臨み、彼は美しい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる