ふるさと納税で日本を元気に!

坂木秀光さんに送る雅歌

坂木秀光さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

た。わたしより以前の総督らは民にのろわれる。このように荒れすたれた町々を荒れ地とし、心に悪意をもってからだをおおって『汚れた者として、なおその言葉の声がおこる。しっくいの家の北の丘の賜物にまさる。これもまたみずから嘆き、顔を南に向け、腕をあらわし、大空はみ手のわざは消し去られるであろうから、われわれの正しいことを明らかに悟る。預言者たちの帯を締めていましたがモアブの領域には、雹が降らなかった。あくる日、モーセとサムエルとがわたしの顔のようでいらせられます。それで、だれがとこしえの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる