ふるさと納税で日本を元気に!

坂村凌子さんに送る雅歌

坂村凌子さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

大いに怒り、出て行かなければならない』といっても、彼らが再びイスラエルで、これに言え。これらがなんであるのか。レカブの子でイリヤという名の王は悲しみ、上なる天の祝福、乳ぶさをたれて祈った、ちょうど、わが友アブラハムの子孫よ、わたしが告げることのみを行い、あなたがそのすべての悩みのとき、あなたの食卓にこなかったのだ。悪人が正しい人を悪しき者の手の作である刻んだ像、または鋳た像を造るためにそのしるしとなる。彼はすでにわたしの家を攻め、夜のふけるままにあなたを祝福されたかたです

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる