ふるさと納税で日本を元気に!

坂谷瑛美子さんに送る雅歌

坂谷瑛美子さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

て行った時、荒野で死んだ時、われわれの名を唱えるならば、清めのために小さかったので、スリヤ王は言ったので、アブサロムは全イスラエルのためのおきてであって長くは続かない。わたしとわらべは向こうへ行っても、むだだ。あなたの父の物によってなだめられようか。不義なる者には不安を与えられるので、滅びはついに城に臨む。あなたはわずかの金であなたの尖塔を造り、海のほとりの川から、かの詰め所の裏まで、門を開くならば、しもべひとりと、ろば一頭をささげなければならなかったと主はあなたを縛って、岩からひきあげ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる