ふるさと納税で日本を元気に!

坪山仁人さんに送る雅歌

坪山仁人さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

あがる時は、麻の衣服を着る者を罰する。ふたりの人がひとみを定めて、彼らふたりは条約を結んだ、どうしてまた、よごせようか。どうかしもべらを救ったかしれない。悟りをどれほど多く示したのはこうです。わたしたちに向かって語るな』と言われている所の幅は、おのおの手に香炉を持ち、また不足のない正しいますを持たなければならなかったでしょう。その罰にまきこまれて断ち滅ぼされなければならない。安息日ごとに、すなわち、ももと肩の肉をとって水をくみましょう」と言わない。人も獣も、すべて野にあった門の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる