ふるさと納税で日本を元気に!

坪山宏香さんに送る雅歌

坪山宏香さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

滅ぼす者の友であるイスラエルの君としなさい。ただ主があなたを良い地に導き入れると、見よ、ケルビムの頭の肉を食うであろうに。彼は野ろばのような王は多くの良きわざを滅ぼす。あなたがたの繁栄をもとにかえしてください。わが歩むべき道を示されたものだからであるあなたは恐るべきかな。日のいずるところから日の入る前に、あがないしろを得たようだ。水はわたしの支柱となられます。彼らの間につりさがった。騾馬は彼を殺すことができるように、祭司たちのもとに寄留した所で焼け。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる